祗園内藤工務店について

About Naito Construction

江戸時代に生まれた初代の内藤永助が祗園の新橋において建築業を開始し、木造建築物を主とした日本家屋の建築を多く手がける。昭和初期からは製材から加工、建築まですべてを行う「一貫施工」で、品質の確保と資源の合理化を図り、注文建築や町家改修、数寄屋建築など職人の高い技術を活かした手仕事ならではの建築を強みとしてきた。平成29年4月に株式会社化し、屋号を祗園内藤工務店 株式会社へ変更。同時に現在の所在地へと事業所を移転する。今後は地域の工務店としての仕事だけではなく、国内外に日本建築の高い技術と価値を広めるため、次世代の職人への技術の継承にも注力する。

元号
西暦年
事項
明治
不明
不明
京都市東山区新橋通大和大路東入2丁目橋本町416番地で初代 内藤永助が大工業を創業する。
大正
5
1916
初代 内藤永助が建築業を開業する。屋号名を建築業内藤とする。
昭和
3
1928
京都市東山区新門前通大和大路東入2丁目中之町245番地に移転開業継続。
昭和
6
1931
二代目 内藤忠三郎が事業を継続。屋号名を建築業(永)内藤忠三郎に変更。
昭和
35
1960
三代目 内藤𠮷太郎が事業を継続。屋号名を内藤工務店に変更。
平成
7
1995
四代目 内藤康男が事業を継続。屋号名を園内藤工務店に変更。
平成
18
2006
五代目 内藤朋博が事業を継続。
平成
29
2017
京都市東山区古門前通大和大路東入四丁目石橋町295番地5に移転。
株式会社化し、社名を祗園内藤工務店株式会社とする。内藤朋博が代表取締役に就任。

天然素材

Natural Materials

建築における伝統的な素材。木·土·竹·石
無垢な素材はこころを豊かにしてくれます。
先人たちは自然に感謝し、工夫をもって美しさを表現してきました。私たちもまた自然がもたらす素材に真摯に向き合い、こころ踊る出会いを繰り返しながら天然素材にしかできない美しさの表現を追求しています。

伝統的な技術

Traditional Skills

先人たちからの教えを知ることで、伝統とより深く繋がり、技を追求するこころが生まれます。私たちは日々、技術を磨いています。洗練された技術をもつ職人を生み出すためには、培われてきた伝統的な技術が必要です。

豊かな街

Beautiful city

山川草木、たくさんの自然に囲まれている京都。天然の素材でつくられた町家の景色は京都の自然と調和しています。
「新しい町家」をつくることは森のなかに木を植えることに似ています。伝統と革新をもって「新しい町家」をつくることで京都の景色をつくり、現代の暮らしに合った豊かな街·豊かな暮らしを彩ります。

代表の挨拶

美しい建築ができるには、良い出会い、良い素材、良い技術が必要です。そのためにまず、自然が持つ素材の美しさや町家の魅力を知ってもらいたい。そして暮らしを中心とした意見を交わし、お客様の想いを形にしていく。お客様とともにつくり、ともに成長していきたい。これが私たちの想いです。
今まで失った町家を戻すことは、簡単なことではないですが、内藤工務店はこれからも「お客様への感謝」、「仕事に対する情熱」、「伝統に対する愛」を大切にして、豊かな暮らしと京都のまちなみを築いていこうと思います。
世界に一つしかないあなただけの心町家を届けるために。

代表取締役 内藤朋博